公明党トップ / ニュース / p38633

ニュース

2019年8月21日

中国中央テレビ取材に山口代表

自由貿易の促進重要 
香港問題 穏やかな収束を要請

インタビューに答える山口代表=19日 北京・釣魚台国賓館(撮影・井原誠一)

【北京19日=井原誠一】公明党訪中団の山口那津男代表は19日夕、北京市の釣魚台国賓館で中国中央テレビ(CCTV)からインタビュー取材を受けた。

世界経済の成長について、山口代表は「発展するには自由で公正なルールに基づく貿易が基礎になる」と指摘。国際的な貿易ルールを取り扱う世界貿易機関(WTO)を中心とする多角的な貿易体制や多国間による自由貿易の重要性に触れ、「世界の国々は、このルールに基づき歩まなければならない」との考えを示した。

その上で、一国主義や保護貿易が台頭する中、世界の不安定性が増していることに懸念を表明。「日本は対話によって多国間協調を生み出すとともに、問題解決に向けて粘り強い努力をしていく必要がある」と語った。

香港で続く抗議活動について山口代表は、「世界中が注目している。多くの日本企業が進出し、日本人も現地に住んでいる。今の状況で悪い影響を受けないよう日本の人々は心配しながら見守っている」と強調。「この課題が穏やかに収束できるよう香港当局や中国政府に期待をしている」と話した。

10月に建国70周年の節目を迎える中国については、「さまざまな困難を乗り越えながら今日の繁栄と安定の時代を迎えた」との認識を示した上で、「中国の発展ぶりが世界に良いモデルとして好ましい影響を与えていくことを願っている」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア