公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p38443

ニュース

2019年8月19日

地道な訪問活動が重要

議員は率先し味方づくりを 
山梨の夏季研で高木国対委員長

党山梨県本部の夏季議員研修会であいさつする高木国対委員長=18日 山梨・富士吉田市

公明党の高木陽介国会対策委員長は18日、山梨県富士吉田市で開かれた党山梨県本部(代表=佐野弘仁県議)の夏季議員研修会に出席し、「訪問活動に徹し、議員が先頭に立って、党の味方づくりを」と呼び掛けた。平木大作参院議員も出席した。

高木国対委員長は、先の統一地方選と参院選の大勝利をたたえ合うとともに、「今後、議員個人として、どれだけ味方を拡大できるかが大切になる」と指摘。また、訪問活動に関して「すぐに信頼関係は築かれなくても、回数を重ねる中で相手が心を開いてくれる」と述べ、地道に取り組む重要性を訴えた。

参院選比例区で当選した平木氏は「ご支援にお応えすべく次の6年も全力で仕事をしていく」と決意を表明し、中小企業の政策を紹介した。佐野県代表は「党の創立の原点を忘れず、さらなる党勢拡大に励もう」と強調した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア