公明党トップ / ニュース / p3817

ニュース

2018年5月31日

平日夜間「こども救急室」拡充

月~金、夜10時まで応急診療
東京・立川市

こども救急室を視察する党立川市議団(右から7人)

東京都立川市と国家公務員共済組合連合会「立川病院」は今月7日から、子どもの急な発熱などに対応する平日夜間の小児初期救急診療室について、これまで月、水、金の週3回だった診療日に火曜と木曜を追加し、週5回に広げた。名称も「こども救急室」に刷新した。

こども救急室の受付時間は午後7時半~10時。15歳未満を対象に小児科医が応急診療を行い、薬も院内で処方する。立川病院は都が指定する二次救急医療機関のため、病状が重い場合も、すぐに入院の手続きに移れる。

立川病院の職員によれば、新たに開設された火曜と木曜の受診も増えており、「診療日の幅が広がって安心」との声が寄せられているという。

夜間の子どもの応急診療については、公明党立川市議団の伊藤ゆきひで、福島正美、高口やすひこ、山本みちよ、かどくら正子、大沢じゅんいち、瀬のぶひろ、の各議員(市議選予定候補)が強力に推進。2014年の小児初期救急診療室開設をリードし、診療日の拡充を議会で訴え続けた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア