公明党トップ / ニュース / p38162

ニュース

2019年8月15日

平和構築へ さらに尽力

香川の街頭演説で力説 
石田、山本氏

党香川県本部の街頭演説会で恒久平和への誓いを訴える石田(中央左)、山本(同右)両氏ら=14日 高松市

公明党の石田祝稔政務調査会長は14日、終戦記念日を前に高松市で行われた党香川県本部(代表=都築信行県議)の街頭演説会で、令和になって初の終戦記念日を迎えることについて、「平和を守るだけでなく、構築していくことが大切だ」と強調した。山本博司参院議員のほか、県議、高松市議、町議が参加した。

石田氏は、国連で採択された核兵器禁止条約に触れ、「核保有国と非保有国の間の橋渡し役は、唯一の被爆国である日本しかできない」として、核兵器廃絶への取り組みを一層進めていくと力説した。

山本氏は、先の参院選で3期目の当選を果たした御礼を述べた上で、「公約の実現に全力を尽くす」と訴えた。また、第2次世界大戦で多くの犠牲者が出たことに言及し、「核兵器のない社会をめざして、平和の党・公明党として全力で取り組む」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア