公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p38105

ニュース

2019年8月14日

道内7空港 民営化へ

佐藤(英)氏 札幌市で意見交換

空港民営化について意見を交わす佐藤(英)氏(右手前から2人目)ら=13日 札幌市

公明党の佐藤英道衆院議員は13日、札幌市内で北海道空港株式会社の関係者らと会い、道内7空港の一括民営化への取り組みについて意見を交換した。道議会公明党(森成之団長)と札幌市議会公明党(国安政典会長)のメンバーが同席した。

国土交通省は先月、新千歳や旭川など道内7空港を一括して運営する事業者として、同社をはじめとする17の企業連合「北海道エアポートグループ」を選定。2020年度には、段階的に各空港ビルの一体的な経営を始める。

席上、北海道空港株式会社の蒲生猛専務取締役は、「新路線の誘致などを進め、30年後の目標である旅客数6割増をめざす」と説明した。これに対し佐藤氏は、「道内の観光振興の起爆剤となる大事な取り組み。実現に向けて後押ししていきたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア