公明党トップ / ニュース / p37497

ニュース

2019年8月7日

核なき世界へ共に前進

公明 広島・被団協追悼式で訴え 

広島県被団協の追悼式であいさつする山口代表(左から3人目)ら=6日 広島市

公明党の山口那津男代表は6日、広島市内で開かれた広島県原爆被害者団体協議会(県被団協=坪井直理事長)の「原爆死没者追悼慰霊式」に出席し、あいさつした。斉藤鉄夫幹事長、谷合正明、山本博司の両参院議員のほか、“被爆2世”の碓氷芳雄、田中勝の両市議が同行した。

山口代表は「原爆の犠牲となられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げるとともに、今なお被爆の惨状に苦しむ皆さまにお見舞いを申し上げます」と述べた。

また、「核のない世界をつくる。それは平たんな道ではない。ますます険しくさえ見える今日でもある。しかし、その歩みを絶対に止めてはならない。一歩一歩でも皆さまと共に前進していきたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア