公明党トップ / ニュース / p37185

ニュース

2019年8月2日

ご当地ナンバー交付

市内開催の「射撃」あしらう 
埼玉・新座市

大会デザインのナンバープレートについて話を聞く党新座市議団(右側7人)

埼玉県新座市は東京五輪・パラリンピックへの機運を高めるため、市が発行する原動機付自転車のナンバープレートを同大会デザインで作製し、希望する市民に7月24日から交付を開始している。

大会デザインのナンバープレートは、新座市のマスコットキャラクター「ゾウキリン」が同市開催の競技種目「射撃」をしている図柄があしらわれている。手数料は無料で、希望者は新規登録車だけでなく、今までのナンバープレートからの切り替えもできる。

市担当課によると、交付初日から好評を博しており、すでに52枚(7月31日現在)の大会デザインナンバープレートを発行しているという。

公明党の白井忠雄市議は2018年3月定例会で、東京オリパラへの機運を高めるため、ご当地ナンバープレートの活用を提案していた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア