公明党トップ / ニュース / p37056

ニュース

2019年8月1日

日韓関係で意見交換

輸出管理問題など巡り 
山口代表と韓国国会議員団

韓国国会議員団(左側)と意見交換する山口代表(右手前から2人目)ら=31日 党本部

公明党の山口那津男代表は31日午後、東京都新宿区の党本部で韓日議員連盟の名誉会長を務める徐清源氏を団長とする韓国国会議員団の表敬を受け、両政府が対立する課題などについて率直に意見を交わした。斉藤鉄夫幹事長、井上義久副代表らが同席した。

席上、徐団長は「韓日間はいつにも増して難局を迎えている」との認識を表明し、関係改善に尽力する考えを強調。その後、出席した韓国の議員からは、日本政府が輸出管理で優遇措置を講じる「ホワイト国」から韓国を除外する方針の見直しを求める声が相次いだ。

これに対し、山口代表は「友人として申し上げたい」と述べた上で、徴用工問題や慰安婦合意を巡る韓国側の見直しの動きなどを念頭に、「日本国民の多くは失望感を持っている。たとえ政権が変わっても政府間の約束は守るのがルールだ」と指摘した。

輸出管理強化に関する日本側の対応については「禁輸ではない。安全保障上の問題がないようにするものだ」と説明。その上で、問題解決に向けては「韓国大統領府が責任を持って答えを出すべきだ」と強調した。

また、山口代表は「輸出管理の問題を広げず、一つ一つの課題に正面から向き合って解決することが大事だ」と述べるとともに、「日韓の幅広い民間交流に影響を及ぼしてはならない」と訴えた。

一方、超党派の日韓議員連盟と韓国の国会議員団は同日、都内で会談した。井上副代表らが出席した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア