公明党トップ / ニュース / p357116

ニュース

2024年7月11日

党ASEAN訪問団がブルネイへ

人的交流、日本と活発に 
山口代表ら ビラ皇太子に謁見 
経済、文化でも関係より強く

【バンダルスリブガワン10日=渡邉勝利】公明党の山口那津男代表を団長とする党東南アジア諸国連合(ASEAN)訪問団は10日未明、マレーシア・クアラルンプールから空路でブルネイの首都バンダルスリブガワンに到着した。公明党として党代表を団長とする議員団のブルネイ訪問は初めて。山口代表は同日午前、皇太子宮殿でアルムタデー・ビラ皇太子に謁見し、日本との関係発展、人的交流の活性化で一致した。

ビラ皇太子(右から2人目)を表敬する山口代表(左隣)ら=10日 皇太子宮殿(撮影・渡邉勝利)

山口代表は冒頭、ビラ皇太子に表敬する機会が設けられたことに謝意を表明。今年、日本とブルネイの外交関係が樹立して40周年を迎えたことに関して「日本の皇室とブルネイの王室の長年にわたる交流が基礎にある。その上での経済や文化の交流につながっている」との認識を示した。

さらに、昨年にはハサナル・ボルキア国王、今年3月にはビラ皇太子が訪日し、両国関係を「戦略的パートナーシップ」に格上げするなど友好関係が一段と進展していることから、経済や文化、地域の安定など、さまざまな面で協力を深めていく重要性を訴えた。

両氏はまた、ビラ皇太子が訪日した際に外交関係樹立40周年のレセプションに共に出席した模様を振り返りながら「40周年を機に、日本とブルネイの関係をさらに友好的なものに深めていこう」との考えを確かめ合った。

会談を終え、山口代表は記者団に対し「ビラ皇太子の温かく、包容力のあるお話しぶりに感銘を受けた。訪日した時の思い出を大変楽しそうに語っていた。こうした関係を含め、これから人的な交流を強くして、広げていくことが大切だ」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア