公明党トップ / ニュース / p356850

ニュース

2024年7月9日

ASEAN 4カ国歴訪へ出発

山口代表ら党訪問団 
要人と交流、友好関係強く

公明党の山口那津男代表を団長とする党東南アジア諸国連合(ASEAN)訪問団は8日午前、17日までの日程でマレーシア、ブルネイ、ラオス、カンボジアの4カ国を訪れるため、羽田空港発の全日空機で出発した。

党訪問団は、山口代表のほか、竹谷とし子女性委員長(参院議員)、中川康洋地方議会局次長(衆院議員)で構成。各国の政府要人や議会関係者との交流、視察などを予定している。

今回の訪問は、日本とASEANが昨年で友好協力関係を結んで50周年の節目を刻んだことを踏まえ、さらなる関係深化をめざす。昨年8月の派遣に続く第2弾となる。

山口代表は、今回の訪問を通じて「公明党とASEANとの関係をより一層強化して、日本とASEANの協力、地域の平和と安定に寄与したい」と抱負を語っている。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア