公明党トップ / ニュース / p354023

ニュース

2024年6月19日

高齢者の製品事故防げ

安全性表す新マーク検討して 
三浦氏が提案

18日の参院経済産業委員会で公明党の三浦信祐氏は、消費生活用製品安全法などの改正案を巡る質疑の中で、高齢者による製品の誤使用や不注意から生じる製品事故を防ぐため、経産省の対応を求めた。

三浦氏は、高齢化が進む中で、製品事故の増加が予想されると指摘。その上で“安全な玩具”を表すSTマークや“安全な製品”を表すSGマークに触れつつ、高齢者やその家族が安心して製品を使えるよう、高齢者の使用を想定した製品のマークについて検討するよう提案した。

斎藤健経産相は、事故リスクを低減させる工夫が凝らされた製品について、消費者に分かりやすいマークを付与する検討をしているとし「高齢者の製品事故防止に関連した対策をしっかり進めたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア