公明党トップ / ニュース / p353714

ニュース

2024年6月15日

「大逆転の1票」断じて!

沖縄県議選 あす16日(日)投票 
タカハシ、まつしたら4候補、執念の拡大を

各党が総力を挙げる沖縄県議選(総定数48)は、あす16日(日)の投票日まで、きょう1日の戦いを残すのみとなった。公明党の新人・タカハシ真(沖縄市=定数5)、新人・まつした美智子(浦添市=定数4)、現職・上原あきら(那覇市・南部離島=定数11)、新人・糸数マサヒロ(同)の4候補は、こん身の力を振り絞り、大逆転勝利への決意を訴える。

公明4候補は全国の党員、支持者の昼夜を分かたぬ懸命な支援により、最終盤にきて猛烈な追い上げをみせている。しかし、依然として、当落線上を抜け出せない重大局面である。最後の瞬間まで、「あと1票」「もう1票」の上積みに執念を燃やし、大逆転勝利をつかもう!

沖縄市(定数5) タカハシ真候補 新

定数5の沖縄市選挙区で「残る1」を巡り、共産現職と激しい競り合いを続ける公明のタカハシ候補は「沖縄県民の暮らしを守るため全力で戦い抜きます。皆さんの1票を託してください!」と声をからし、力説した。

浦添市(定数4) まつした美智子候補 新

浦添市選挙区では、定数4の最後の1議席を維新新人と横一線で争う公明のまつした候補が「もう一人、あと一人、皆さんの力で押し上げてください。勝たせてください!」と力の限り、呼び掛けた。

那覇市・南部離島(定数11) 上原あきら候補 現

那覇市・南部離島(定数11) 糸数マサヒロ候補 新

定数11の那覇市・南部離島選挙区で混戦突破に挑む公明の上原あきら、糸数マサヒロの両候補は、必勝の決意に力を込めた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア