公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p35242

ニュース

2019年7月12日

小さな声 公明が実現

参院選勝利へ 各候補の押し上げ強調

高橋みつお候補(兵庫選挙区)(左)の必勝を訴える石井国交相=11日 神戸市

石井啓一国土交通相(公明党)は11日、参院選兵庫選挙区の高橋みつお候補(新、自民党推薦)と共に、神戸市で開かれた個人演説会に出席し、逆転勝利へ絶大な支援を呼び掛けた。

石井国交相は自公連立政権の役割について、「経済や外交、安全保障など骨太の政策に本領を発揮する自民党と、小さな声に耳を傾け生活現場の課題を解決する公明党の互いの持ち味がかみ合っているからこそ、安定した政治ができている」と強調。「引き続き改革を進めるため勝利させていただきたい」と力説した。

高橋候補は激甚化する災害対策や交通アクセスの拡充、観光促進などに全力で取り組み「世界をリードする兵庫、日本の輝く未来を開きたい」と訴えた。

安江のぶお候補(愛知選挙区)(左)の押し上げへ支援を力説する太田議長=11日 愛知・豊川市

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は11日、参院選愛知選挙区の安江のぶお候補(新、自民党推薦)と共に豊川、蒲郡の両市で街頭演説を行った。

豊川市で太田議長は、10月から始まる幼児教育・保育の無償化など全世代型社会保障への転換を進めていることを強調。「公明党が連立政権の中で『大衆福祉の党』としての役割を担ってきた成果だ」と力説した。

安江候補は「児童虐待防止や教育格差の是正など、法律のはざまで苦しむ人の小さな声に寄り添う政治をめざす」と決意を述べた。

矢倉かつお候補(埼玉選挙区)(左)の勝利を呼び掛ける古屋副代表=11日 埼玉・蕨市

公明党の古屋範子副代表は11日、参院選埼玉選挙区の矢倉かつお候補(現、自民党推薦)と共に、埼玉県蕨市で行われた街頭演説会に出席し、勝利へ絶大な支援を呼び掛けた。

古屋副代表は「公明党には現場の声を実現させるネットワークの力がある」と強調。その上で改正ストーカー規制法の成立など矢倉候補の実績を訴え、「皆さまのご支援で何としても勝たせてほしい」と訴えた。

矢倉候補は、若者支援や高齢者福祉の施策拡充に取り組む決意を述べ、「誰もが希望を持てる社会を断じて築く」と力を込めた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア