公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p3505

ニュース

2018年5月25日

命を救うドクターヘリ

公明党の推進で、“空飛ぶ救命室”と呼ばれる「ドクターヘリ」の全国配備が加速し、各地で人命救助に活躍しています。(イラスト・福山英治)

一刻を争う救急現場に医師らを乗せて駆け付けるドクターヘリ。時速200キロで飛行できるため、50キロメートル離れた場所にわずか15分で到着できます。公明党の強力な推進によって今では、全国42道府県で52機が配備されています(東京都は消防ヘリを活用した独自の「東京型」を実施)。搬送件数は年間2万5000件を超え、多くの人命を救っています。

“空飛ぶ救命室”とも呼ばれるドクターヘリの最大の特徴は、患者に対して直ちに初期治療を開始できる点にあります。機内には救急専用の医療機器や薬品が装備されており、医師らが治療を行いながら救急センターに搬送します。これにより救命率は大幅にアップし、後遺症の軽減にもつながっています。認定NPO法人「救急ヘリ病院ネットワーク」の調査によれば、ドクターヘリによる救命率は救急車に比べて3割以上向上し、社会復帰できた人も1.5倍に上っています。

公明党は2003年の衆院選マニフェストにドクターヘリ全国配備を盛り込むなど、党を挙げて配備拡充を進めてきました。07年6月には、全国50機体制をめざす公明党のリードで「ドクターヘリ特別措置法」が制定されています。

なお、公明党は現在、動画サイト「YouTube」の公式チャンネルで「ドクターヘリと公明党の戦い」(約8分)を配信しています。

全国で活躍する”空飛ぶ救命室”

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア