公明党トップ / ニュース / p350047

ニュース

2024年5月28日

“若者の声”実現へ走り抜く

ユーストークや街頭演説など活発に

若者の声を政策に反映させようと、公明党の都道府県本部青年局を中心に、全国各地でユーストークミーティングや街頭演説、議員懇談会などが活発に開催されています。これには、党青年委員会(委員長=国重徹衆院議員)の国会議員も積極的に参加。その中から、代表的な取り組みを紹介します。

東京
河西副委員長
青年党員らと意見交換

河西宏一青年副委員長(衆院議員)は11日、東京都羽村市で開催された、党青梅総支部主催のユーストークミーティングに参加。高等教育無償化や学校給食無償化の拡充を要望する声などを聴き、実現に向けて力強い決意を語りました。

神奈川
佐々木副委員長ら
子育て世代の声聴く

佐々木さやか青年副委員長(参院議員)は4月13日、横浜市で党神奈川県本部が開いたユーストークミーティングに、原田直樹青年局次長と共に出席。育児と仕事の両立へ、育児休業が取得しやすい社会づくりをめざして、子育て世代と活発に意見交換しました。

大阪
杉副委員長
奨学金、保育の充実訴え

党大阪府本部青年局(局長=司隆史・大阪市議)は5日、大阪市内で「こどもの日」を記念した街頭演説会を開催。杉久武青年副委員長(参院議員)が駆け付けたほか、府内の若手議員が参加し、奨学金制度や保育環境の充実など公明党が進めてきた子育て支援策をアピールしました。

愛媛
三浦局長
賃上げなどの要望を受ける

党愛媛県本部青年局(局長=大野鎮司・伊予市議)が松山市内などで開催したユーストークミーティングには、三浦信祐青年局長(参院議員)が参加。若者からは「中小企業では賃上げの動きがあまり感じられない」「奨学金の返還支援の拡充を」などの要望が寄せられました。

福岡
三浦局長
懇談会でディスカッションや活動報告

三浦信祐青年局長(参院議員)は18日、福岡市内で開かれた党福岡県本部の青年議員懇談会に出席。会合では、同県青年局の堤健太郎局次長(福岡市議)、稲又進一県議が活動報告したほか、若者の声を政治に届ける取り組みについてグループディスカッションを実施。これに先立ち、同日、党ふくおか総支部青年部(部長=堤市議)の街頭演説会も、活発に開催されました。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア