公明党トップ / ニュース / p348509

ニュース

2024年5月15日

与党実務者で協議へ

法案化、一致した7項目対象に
両党幹事長が会談

会談に臨む石井幹事長(左から2人目)、佐藤国対委員長(左隣)ら=14日 国会内

自民、公明両党の幹事長と国会対策委員長は14日、国会内で会談し、自民党派閥の政治資金問題を受け両党で政治資金規正法改正案の概要を取りまとめたことを踏まえ、今後、詰めの協議を行い、法案化に向けた作業を加速させていく方針で一致した。

席上、両党幹事長は、取りまとめで掲げた9項目のうち一致した7項目について、両党の実務者間で条文化を進めることを確認。今国会で改正案の成立をめざすことも改めて共有した。

4月の衆院東京15区補欠選挙で選挙運動の妨害と取れる行為が相次いだ問題への対応では、公職選挙法などの現行法を厳正に運用した上で、必要があれば法改正を行うことを申し合わせた。

会談には公明党から石井啓一幹事長、佐藤茂樹国対委員長が出席した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア