公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p34681

ニュース

2019年7月6日

こどもマニフェストで語ろう

公明党の政策がよく分かる

こども・子育てマニフェスト2019こども・子育てマニフェスト2019

公明党は、21日投票の参院選に臨む政策を、小中学生にも分かりやすく伝える「こども・子育てマニフェスト2019」として発表しています。公明が力を入れる三つの教育無償化など91項目の政策が書かれており、山口那津男代表は家族や友人と政治について語り合う上で「格好の教科書になる」と強調しています。主な内容を紹介します。(全文はこちら

教育・学校生活

「3つの無償化」さらに

「教育」こそ国づくりの基本です。教科書無償配布の実現をはじめ、公明党は全ての子どもが等しく教育を受けられるよう応援してきました。

◆3~5歳のすべての子どもと、経済的に大変な家庭の0~2歳の子どもを対象に、幼稚園・保育所・認定こども園などの保育料を無償化します。今後は、対象をさらに広げます。

◆2020年4月から私立高校の授業料を実質無償化します(年収590万円未満の家庭が対象)。

◆大学などに進学したくても経済的な理由であきらめることのないよう、返済のいらない給付型奨学金の充実を進めます。

◆いじめや不登校などで悩む子どもに応じて、家庭や学校、福祉と連携して支える「スクールソーシャルワーカー」の配置を進めます。

◆保育園の散歩ルートに交通事故から命を守る「キッズゾーン」をつくります。

出産・子育て支援、安心の医療

保育サービスを広げる

子育て支援の“元祖”は公明党です。お母さんが安心して赤ちゃんを産み育てられるよう、また、子どもたちが健やかに成長できるよう、制度を充実させます。

◆お産や子育てを応援する「出産育児一時金」を42万円から50万円に増やします。

◆赤ちゃんができてから、そして生まれた後も、お母さんが子育てなどの不安を相談でき、支援してくれる場所を全国につくります。

◆子育て中のお母さんが働きやすいよう、短時間の仕事や、情報通信の技術を使った時間と場所に縛られない働き方「テレワーク」などを広げます。

◆保育所を増やしたり、延長保育や休日保育、病児保育などのサービスを広げます。

◆耳の聞こえにくい子どもが、人工内耳(音を電気信号に変えて神経に伝える装置)や補聴器を利用したり、治療や支援を早く受けられる体制を整えます。

地域、社会の安全・安心

地震や津波、豪雨などの大きな災害から生命と暮らしを守るため、「防災・減災・復興」に全力で取り組みます。さらに地域の安全対策も進めます。

◆東日本大震災や熊本地震など自然災害で大変な思いをした人たちに寄り添い、心のケアや健康、生活の手助けをしていきます。

◆古くなったビルや道路、橋などの危険なところを修理し、少ないお金で建物の寿命を延ばします。

◆お年寄りの安全な運転のために「安全運転サポート車」や、ペダルのふみ間違いを防ぐ装置を広めます。

暮らしを快適に、経済を元気に

全ての人が安心して働き、快適に暮らせるよう支える政策の実現をめざします。そして日本の経済全体をもっと元気にします。

◆10月の消費税率10%への引き上げと同時に、全ての飲食料品(お酒や外食以外)の税率を8%のまま据え置く「軽減税率」が公明党の主張で実施されます。

◆1時間当たりの給料を全国平均で1000円以上にアップさせます。

◆まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」を日本中の人に知ってもらい、減らす取り組みを進めます。

日本の未来、世界の平和

世界平和のために積極的に行動するのが公明党です。世界中の国々と協力しながら、世界の平和と安全を守り、元気な日本の未来をつくります。

◆国の領土をめぐる問題の解決や、核兵器とそれを使う国を減らす「核軍縮」、人間の安全を最優先に考えて問題解決に取り組む「人間の安全保障」のための平和外交を進めていきます。

◆プラスチックごみで世界中の海がよごれ、人間や動物への影響が心配されています。使い終わったものを資源に戻すなど、ごみを減らす取り組みに力を入れ、進めます。

日本の民主主義を成長させる取り組み
早稲田大学名誉教授 北川正恭氏

選挙権年齢が18歳に引き下げられて3年がたち、学校現場では公民教育が充実し、子どもたちの政治意識は着実に高まっています。

政治を分かりやすく伝える一層の努力が政党や大人たちに求められる中、公明党が2012年の衆院選から、子ども向けにマニフェスト(政策綱領)を発信し、その実現に取り組んできたことを高く評価しています。子どもに対して真面目に政策を提案している政党は公明党だけだと思います。

子どもの頃からマニフェストを通して政党の考えや公約を知ることは、その善しあしを自分なりに判断する訓練になります。まさに“生きた公民教育”の実践といえます。公明党の「こどもマニフェスト」は、日本の民主主義を成長させるものだと思います。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア