公明党トップ / ニュース / p345592

ニュース

2024年4月19日

フレイル対策は栄養・運動両面で

党会合で識者

公明党の医療制度委員会(委員長=秋野公造参院議員)と女性委員会(同=竹谷とし子参院議員)などは17日、参院議員会館で合同会議を開き、東京医科大学病院の菅野義彦副院長から、栄養と運動が健康に与える影響などについて講演を聴いた。

菅野氏は、フレイル(虚弱)などの改善には適切な栄養管理と運動の両面が重要であることから、管理栄養士らと医療の連携が必要だと訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア