公明党トップ / ニュース / p345569

ニュース

2024年4月19日

日米の結束、強固に

衆院で首相が訪米報告 
人的交流の拡充も重要 
金城氏

質問する金城氏=18日 衆院本会議場

衆院は18日、本会議を開き、岸田文雄首相の訪米に関する報告と質疑を実施した。公明党の金城泰邦氏が質問に立った。

金城氏は、岸田首相の訪米について「日米同盟の結束の固さを世界にアピールしたことは意義深かった」と評価。その上で、安全保障協力の強化を巡り、今回の共同声明で日本の防衛に対する米国の揺るぎないコミットメントが確認された意義を聞いた。

岸田首相は「わが国を取り巻く安全保障環境が一層、厳しさを増しているという現状認識を踏まえ、日米同盟の抑止力を引き続き強化する意思が改めて明確にされたことは、非常に意義がある」と答えた。

一方、金城氏は、日米関係のさらなる強化に向け、米国内の日本外交専門家の拡充や人的交流の重要性を主張。岸田首相は、招聘・交流事業などを推進していく考えを示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア