公明党トップ / ニュース / p345063

ニュース

2024年4月14日

公明新聞、歴史的拡大を

“世界一の機関紙”を次代に 
栃木の議員総会で若松氏

「公明新聞の歴史的な拡大を」と訴える若松氏=13日 宇都宮市

公明党の若松謙維機関紙推進委員長(参院議員)は13日、党栃木県本部(代表=野沢和一県議)が宇都宮市内で開催した議員総会に出席し、「結党60周年記念 機関紙拡大運動 集中期間」(5月まで)に当たり「議員が率先して実配目標を完遂しよう」と訴えた。輿水恵一・同県本部議長(衆院議員)が出席した。

若松氏は、公明新聞について「党の情報だけでなく、今の政治の動きを正確に伝える『世界一の政党機関紙』だ」と強調。「その新聞を次の世代に残すための土台をつくるのが集中期間である」と述べ、「党勢拡大の“武器”である公明新聞の歴史的な拡大を成し遂げよう」と呼び掛けた。

また、公明新聞電子版の推進に向け、自身の名刺に購読申し込み用の2次元コードを印刷するなど工夫して拡大していることを紹介した。

西村真治・県機関紙購読推進委員長(県議)は「過去最高の挑戦をしていく」と決意を披歴。小久保かおる・栃木市議、星宏子・那須塩原市議が自身の公明新聞拡大のエピソードを報告した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア