公明党トップ / ニュース / p343918

ニュース

2024年4月4日

「未来アクションフェス」共同声明

国連サミットに生かす 
金城氏の質問に外相表明

3日の衆院外務委員会で上川陽子外相は、今年9月の国連未来サミットに向け、3月24日に都内で行われた「未来アクションフェス」での共同声明について「未来サミットは、特に若い世代が関与していく。持続可能な地球社会の大変重要なプレーヤーになるので、積極的に、こうした提言を生かしていきたい」と表明した。公明党の金城泰邦氏の質問に答えた。

この中で上川外相は、共同声明で掲げられた「気候危機の打開」や「核兵器なき世界の実現」「国連改革」などは「9月の国連未来サミットにおいても重要な論点となる」と強調。日本政府として「若者や未来世代が活躍できるよう、国連を中核とした実効的な多国間主義を実現、強化すべく、未来サミットの機会を積極的に活用していきたい」と語った。

核兵器禁止条約の署名・批准国の拡大に向けては「唯一の戦争被爆国として、核兵器国を関与させるよう努力していかなければならない」と力説。また、「被爆の実相に関する正確な理解を、世代と国境を超えて促進していきたい」と述べた。

金城氏は「若者の視点は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)にもつながっていく。ぜひ推進を」と訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア