公明党トップ / ニュース / p341272

ニュース

2024年3月15日

政治の信頼損ね、おわび

世耕氏ら3氏 参院政倫審に出席 
竹谷、里見氏が質疑

参院政治倫理審査会は14日、自民党派閥の政治資金問題を受け、安倍派幹部だった世耕弘成前参院幹事長と同派の西田昌司、橋本聖子両参院議員が出席して、審査を行った。

質問する竹谷(右)、里見の両氏=14日 参院政倫審

公明党の竹谷とし子、里見隆治の両氏が質問に立ち、「道義的、政治的責任を果たすべきだ」と指摘した。

再発防止に向けては、会計責任者だけでなく政治家も責任を負う「連座制」の強化など政治資金規正法を改正する必要性を訴えた。

世耕氏は「国民の政治に対する信頼を大きく毀損し、幹部の一人として深くおわびする」と陳謝。派閥の会計処理やキックバック(還流)の取り扱いには関与していなかったと釈明した。

西田氏は「派閥幹部ではないが、責任の一端があることは間違いない」と述べる一方、還流を続けた派閥幹部の責任は重大だと指摘した。

橋本氏も派閥の会計や経理への関与を否定した上で「一度は国会議員を辞めるべきだと心に決めたが、責任の取り方についても、しっかりと私なりに考えていかなければならない」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア