公明党トップ / ニュース / p33980

ニュース

2019年6月29日

必要書類は高校から

大学など無償化
給付型奨学金 申し込み、7月末ごろまで
現役・浪人生 の予約採

公明党の強力な推進で来年4月から、所得の低い世帯の学生を対象に返済不要の給付型奨学金と授業料減免を大幅拡充する形で大学など高等教育の無償化が実施される。これを前に、高校生と浪人生を対象とした「給付型」の申し込みが7月から本格スタートする。授業料減免の手続きについては、給付型の採用後、進学先の大学で行う。

今回の申し込みは、事前に奨学金の審査を済ませる予約採用。申込期間の詳細は高校によって異なるが、多くの場合、7月末ごろまでに申し込み手続きを完了させる必要がある。

予約採用の申し込みをするには、まず必要書類を高校からもらう必要がある。その上で、日本学生支援機構の奨学金専用ホームページ「スカラネット」で、高校ごとのIDとパスワードや住所、家族の情報などを入力。ネットでの手続きを完了すると「受付番号」が表示される。

次に、高校から受け取った書類の一つである「給付奨学金確認書」に受付番号と必要事項を記入し、高校に提出。同時に、ネットでの手続きから1週間以内に、生徒本人と家族のマイナンバーを日本学生支援機構宛てに郵送する。浪人生の手続きも同様で、書類の入手・提出先は出身校となる。

給付型奨学金を受け取る対象かどうかについては、日本学生支援機構のホームページにある「進学資金シミュレーター」で親の年収や家族構成などを入力すれば確認できる。

仮に、予約採用の申し込みが間に合わなかった場合でも、大学進学後の手続きが可能だ。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア