公明党トップ / ニュース / p338415

ニュース

2024年2月29日

コラム「北斗七星」

「『ありがとう』の気持ちを忘れず、S(少しの)D(ダメは)G(我慢する)」。漫談家の綾小路きみまろさんが唱える夫婦のSDGs(持続可能な開発目標)だ。これで「平穏無事にやっていける」◆「孤独は人生における大きなテーマ」とし、政府の孤独・孤立対策担当室の設置を紹介している。「70代になったとき、周りにどれくらい助け合ったり、声をかけ合ったりできる人がいるかで、幸せ度は変わる」(『人生は70代で決まる』幻冬舎新書)◆この言葉を裏付けるハーバード大学の研究がある。その結論は「健康で幸せな生活を送るには、よい人間関係が必要だ。以上」(『グッド・ライフ 幸せになるのに、遅すぎることはない』辰巳出版)◆公明党は3年前、孤独・孤立問題で国会・地方議員が計1039件の聞き取り調査を行い、政府に対策を提言した。担当室設置、4月施行の孤独・孤立対策推進法は実績である◆能登半島地震でも孤独防止が重要だ。公明党の山口代表は参院代表質問で、仮設住宅についてコミュニティーに配慮したものにすることや見守り強化を求めた。公明党はS(スピード)とD(団結)のG(議員ネットワーク)で被災者を守る。(直)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア