公明党トップ / ニュース / p33817

ニュース

2019年6月27日

希望の未来 公明と築く

安倍首相 
自公政権で経済は大きく成長

党両院議員総会であいさつする安倍首相=26日 国会内

通常国会では、幼児教育・保育の無償化や、真に必要な子どもたちへの高等教育も無償化されることになり、新たな時代を切り開くのにふさわしい体制ができた。

国民の命を守るとともに、ものづくり補助金や円滑な事業承継のための予算も成立した。日本の力の源泉である中小企業、小規模事業者をしっかり支えていきたい。

自公連立政権が再び発足してから6年半、連立政権の盤石な基盤の上に大きな成果を残すことができた。今年度予算の税収が過去最大になっているのは、自公政権が経済を成長させたからだ。

12年前の参院選で与党が惨敗した結果、政治は安定を失い、経済は低迷した。今よりも中小企業、小規模事業者の倒産件数が多く、若者は高校、大学を卒業しても就職できず、有効求人倍率は(現状の)半分程度しかなかった。この時のことは片時たりとも忘れられず、二度とあの時代に戻すわけにはいかない。

令和の時代に公明党の皆さんと共に、国民が未来に希望を持てる日本をつくっていこうではないか。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア