公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p3311

ニュース

2018年5月22日

受動喫煙防止で都医師会と懇談

都議会公明党

東京都議会公明党(東村邦浩幹事長)は21日、都議会内で東京都医師会の尾﨑治夫会長らと面会し、都が制定をめざす受動喫煙防止条例案について意見交換した。

条例案を巡り、都は4月、従業員を雇っている飲食店を原則、客席面積の広さにかかわらず屋内禁煙とする骨子案を公表。6月開会の都議会に条例案を提出する方針を示している。

席上、尾﨑会長は受動喫煙による健康被害への影響を指摘した上で、同条例案に「賛同してもらいたい」と訴えた。

東村幹事長は「要望を受け止め、審議に臨みたい」と応じた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア