公明党トップ / ニュース / p329153

ニュース

2023年12月8日

ヘルプマーク認知向上へ

駅でのポスター掲示など 
鉄道業者に啓発策を促して 
斉藤国交相に石井幹事長ら

斉藤国交相(中央左)に要望する石井幹事長(右隣)ら=7日 国交省

公明党の石井啓一幹事長は7日、国土交通省で斉藤鉄夫国交相(公明党)に対し、外見からは分からない障がい・病気がある人や妊娠初期の人などへの配慮を促す「ヘルプマーク」の普及啓発について要望した。国重徹党国交部会長、伊佐進一党厚生労働部会長の両衆院議員が同席した。

ヘルプマーク

石井幹事長らは、ヘルプマークを携帯した当事者が電車の優先席前に立っていても席を譲ってもらえなかったといった事例を紹介し「マークの導入は全国的に広がっているが、国民全体の認知度は不十分だ」と指摘。駅でのポスター掲示など、普及啓発策を鉄道事業者へ働き掛けるよう求めた。

これに対し、斉藤国交相は「障がい者らが鉄道を利用しやすい環境の整備に全力で努める」と応じた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア