公明党トップ / ニュース / p328994

ニュース

2023年12月7日

高等教育 無償化拡充せよ

授業料減免の制限、撤廃求める 
党文科部会が財務相に

鈴木財務相(右から4人目)に決議を申し入れる党文科部会=6日 財務省

公明党文部科学部会(部会長=浮島智子衆院議員)は6日、財務省で鈴木俊一財務相に対し、大学などの高等教育無償化や公教育の質向上に向けて来年度予算の確保を求める決議を申し入れた。鈴木財務相は「必要な所にしっかりと財源を付けていく」と応じた。

決議では高等教育無償化を巡り、多子世帯の大学生らへの授業料減免に関して所得制限を撤廃するよう強く要請。さらに、大学や専門学校などの1年生前期分の授業料無償化を訴えるとともに、子どもが2人の世帯は授業料の半額を支援する仕組みの導入を求めた。

一方、小中学校や高校の教育の質向上では、教師の働き方改革や処遇改善を進めることに加え、不登校やいじめなどの課題を抱える子どもを支援するスタッフの配置充実を要請した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア