公明党トップ / ニュース / p328752

ニュース

2023年12月5日

“旧統一教会問題” 被害者救済法案修正巡り結論出ず

与野党協議

自民、公明、立憲民主、日本維新の会、国民民主の与野党5党は4日、衆院第2議員会館で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者救済に向けた議員立法2法案を巡り、修正協議を行った【写真】。自公国3党の法案は教団財産の監視強化が柱で、立維2党の法案は財産の包括的保全を可能にする内容。

協議では自公国が提示する修正案の付則に盛り込まれた財産保全のあり方の検討について、立維が求める包括的保全が含まれるかが議論となり、結論に至らなかった。

両案は衆院法務委員会で審議中。自民、立憲両党は5日の委員会で採決する方針で合意している。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア