公明党トップ / ニュース / p328242

ニュース

2023年11月30日

適切な価格転嫁 後押し

賃上げへ「指針」活用を
高木政調会長

記者会見で見解を述べる高木政調会長=29日 国会内

公明党の高木陽介政務調査会長は29日、国会内で記者会見し、中小企業が賃上げの原資を確保するために必要な価格転嫁について「持続的な賃上げが進むよう後押ししたい」と訴えた。

高木政調会長は、9月の「価格交渉促進月間」のフォローアップ調査結果(速報版)に触れ、交渉が進んでいる側面がある一方で「コスト全体の転嫁率も45.7%と十分とは言えない」と述べた。

また「労務費が転嫁できていない傾向は続いている」と指摘。特に、多重下請け構造の業種などでは、交渉したにもかかわらず転嫁できなかった割合が高いとして「価格転嫁の裾野の拡大や、さらなるフォローアップが必要だ」と力説した。

公明党が政府に策定を要請してきた、労務費の適切な価格転嫁のための指針(29日公表)にも言及し「関係省庁が連携して広く周知し、取引の現場で活用してほしい」と述べた。

■公取委、人件費転嫁で指針公表

公正取引委員会は29日、人件費の適切な価格転嫁に向けて、事業者に求められる行動指針を公表した。発注者が価格交渉に応じず取引価格を据え置くことは、独禁法で禁じる「優越的地位の乱用」となる恐れがあると明示。指針に基づいた価格転嫁を促すことで、中小企業が賃上げの原資を確保できる環境を整備する。指針は、内閣官房と連名で策定した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア