公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p32662

ニュース

2019年6月14日

経験ある職員 優遇せよ

山本さんに参考人 児相の虐待対応力改善で

質問する山本さん(左)、宮崎氏=13日 参院厚労委

参院厚生労働委員会は13日午前、児童虐待防止対策を強化するための児童福祉法等改正案の参考人質疑を行った。公明党の山本香苗さんは、児童相談所(児相)が虐待の兆候をつかんだ際に、リスクを適切に見抜く力を高める方策を聞いた。

大阪府中央子ども家庭センター所長の江口晋参考人は、指導的立場の職員の育成が重要だとして、経験10年などの職員を「処遇の加算を含めて、きちんと定着させるべきだ」と提案。前三重県児童相談センター所長の鈴木聡参考人は、過去の事例をデータ化して、職員の判断を補助する仕組みの活用を促した。

山本さんは、虐待を理由に児童養護施設などで育った若者の自立支援事業の課題も尋ねた。アフターケア相談所ゆずりは所長の高橋亜美参考人は、身元保証人確保の事業に触れ「(退所後)2年以内はサポートされるが、その後もアパートの賃借などで保証人が必要になる。しかし、家族を保証人にできない人がほとんどだ」などと指摘した。

里親委託前の面会、交通費助成を提案 宮崎氏

同委員会は午後も審議を行い、公明党の宮崎勝氏が、虐待を受けた児童の里親委託に言及。正式委託に至るまでに行う児童との面会交流に関して、交通費が総額20万~30万円かかる場合があるものの、国に支援制度がないことから「助成の検討を」と訴えた。厚労省側は「里親登録を促進する観点から検討したい」と答えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア