公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p32558

ニュース

2019年6月13日

私が見た公明党(1)

現場で悩み、苦しむ人の声に耳を傾け、課題解決に汗を流してきた公明党。間近で見てきた識者、関係者に期待の声を聞きました。

障がい者就労

確かな実現力に信頼。ユニバーサル社会をめざし、思い共有
社会福祉法人プロップ・ステーション 理事長 竹中ナミさん

障がいのある人(チャレンジド)がICT(情報通信技術)を使って働き、納税者になれる日本をつくろうと約30年前から活動してきました。

そうした私たちの思いにいち早く共感し、後押ししてくれているのが公明党です。特に、障がい者への不当な差別を禁止する「障害者差別解消法」の制定や、障害者雇用促進法の改正などを主導してくれました。今後は、チャレンジドの在宅ワークを推進する法整備にも取り組んでほしい。

公明議員は庶民的で親しみやすく、派手さはないけれど、真面目で見掛け倒しではない確かな実現力が光る政治家が多い。女性議員が多様な場面で生き生きと活躍する姿も印象的です。

政治家は人に言葉を伝える仕事です。国会議員の北方領土を巡る発言などスキャンダルが相次ぐ中、公明党は言葉の重みを自覚しています。

とりわけ山口那津男代表の声には説得力があり、心に響き、思いがひしひしと伝わってくる素晴らしい声です。「大衆とともに」という公明党の立党精神が表れていると思います。

政治の役割は、チャレンジドに単に手を差し伸べるだけでなく、その人の個性や能力が発揮できる「ユニバーサル社会」を実現することです。政治分野において、思いを共有し、託せる公明党に、ますます活躍してもらいたい。

食品ロス対策

人としての使命感が根底にある。同じ課題に立ち向かえる“戦友”
ジャーナリスト、博士(栄養学) 井出留美さん

公明党の尽力により、まだ食べられるのに捨ててしまう食品ロスの問題に国を挙げて取り組む「食品ロス削減推進法」が5月下旬に成立しました。国会の傍聴席でその瞬間に立ち会えたことは、微力ながら法案の作成に携わった者として感慨深いです。

今回の超党派による議員立法に当たり、公明党の合意形成力や実行力には目を見張るものがありました。その立役者の一人だった公明党の国会議員と初めて会ったのは2016年2月。食品ロス削減をテーマにした講演依頼を受けたのがきっかけでした。

私が知る公明議員は真面目で誠実、そして生活に密着しています。問題意識の高さや熱意などに感銘を受けました。それは、議員としての責任感はもちろんのこと、それ以上に人としての使命感が議員活動の根底にあるのではないかと思います。立場を超えて食品ロスという課題に立ち向かう“戦友”です。

現在、コンビニ加盟店が消費期限間近になった弁当を値引く「見切り販売」について、本部が制限することなどが問題となっています。私は西日本豪雨など災害時でも販売期限を律儀に守らざるを得ないことに疑問を感じています。

こうした理不尽な商慣習の改善に向け、公明党が積極的に取り組んでくれることを期待しています。

ひきこもり支援

制度のはざまで悩む人たちに寄り添い、光を届けてくれた
KHJ全国ひきこもり家族会連合会 共同代表 伊藤正俊氏

公明党との出会いは10年ほど前。ひきこもりの子を持つ家族でつくる「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」の全国大会に国会議員が出席してくれました。

ひきこもりの問題が政治課題としてほとんど取り上げられない中、私たちの要望を国会に届けることを約束してくれました。

私は当初、政治家のリップサービスと見ていましたが、その後、国会で何度も支援を政府に迫ってくれました。そのおかげで今では、本人や家族の相談を受け付ける「ひきこもり地域支援センター」が全国に整備されたり、ひきこもり支援を盛り込んだ「改正生活困窮者自立支援法」が成立するなど、対策が大きく進みました。制度のはざまで悩む人たちに光を届けてくれました。政治が果たす役割の大きさを実感しました。

公明党は極端な右でも左でもない、中道的な政党です。バランス感覚のある公明党に支援してもらえることは、大きな安心感につながっています。

全国43支部の人たちからは「自分の地域の公明議員は熱心だ」「安心して相談できる」との評価が寄せられています。公明議員の寄り添う姿勢は100点満点です。

さらに、議員単独の“個人プレー”で終わることもありません。国会議員と地方議員が連携し、団結力を大事にする点が頼もしいです。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア