公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p3252

ニュース

2018年5月22日

麻薬密輸を水際で阻止

東京税関の取り組み調査
党プロジェクトチーム

麻薬探知犬による違法薬物検査の実演を視察する党プロジェクトチームの石川座長(左端)と竹谷さん(右隣)=21日 東京・羽田空港

公明党の薬物問題対策プロジェクトチーム(PT)の石川博崇座長と竹谷とし子の両参院議員は21日、東京都大田区の羽田空港内にある東京税関羽田税関支署や、同区城南島コンテナ検査センターを訪れ、違法薬物などの密輸を水際で防止するための取り組みを視察した。

一行は、藤城眞・東京税関長から、訪日外国人の増加を背景に、覚醒剤や大麻などの密輸が増えている現状を聞いた。

その後、麻薬探知犬による違法薬物検査の実演や、覚醒剤などの違法薬物を検知するための取り組みを視察。コンテナ検査センターでは、X線検査装置の説明を受けた。

視察を終えた石川座長は、「密輸の防止へ、税関の検査機器拡充や人員の増員など水際対策の強化に取り組む。海外の税関との情報共有にも力を入れたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア