公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p32448

ニュース

2019年6月12日

子どもが輝く国めざす

しもの氏、教育改革へ熱意語る 
福岡・久留米で「励ます会」

励ます会の参加者と懇談する、しもの氏(左から3人目)=11日 福岡・久留米市

公明党のしもの六太教育改革推進本部事務局次長(参院選予定候補=福岡選挙区、自民党推薦)は11日、福岡県久留米市で行われた「励ます会」に、木庭健太郎・党九州方面本部長や地元議員と共に出席した。

会合でしもの氏は、ひきこもりや児童虐待など子どもを取り巻く問題の解決に取り組むと力説。その上で、「子どもたちが輝く教育立国の構築をめざす」と訴え、一人も置き去りにしない教育改革に挑む熱意を語った。

来賓あいさつに立った大久保勉市長は、「参議院はしっかりとした見識で政治をリードする“良識の府”だ。教育現場で長年、結果を出してきたしもの氏に国政で活躍してもらいたい」と強調。全国身体障害者施設協議会の日野博愛会長と、久留米大学の石内孔治名誉教授がエールを送った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア