公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p32435

ニュース

2019年6月12日

JR常磐線 早期全線再開を

福島の首長、若松氏ら 東京直通の特急運行も 
石井国交相、浜田復興副大臣に要望

石井国交相(奥中央)と浜田復興副大臣(左端)に要望する福島県内の首長と若松氏(左側奥から2人目)ら=11日 国交省

福島県内自治体の首長などでつくる県鉄道活性化対策協議会(会長=内堀雅雄知事)と常磐線活性化対策協議会(会長=門馬和夫・南相馬市長)は11日、国土交通省で石井啓一国交相(公明党)と浜田昌良復興副大臣(同)に対し、今年度末までの見通しとなっているJR常磐線の全線運行再開について、早期実現を要望した。石井国交相は「一日も早い全線再開に取り組みたい」と応じた。

要望には、公明党福島県復興加速化本部の若松かねしげ本部長(参院議員、参院選予定候補=比例区)、真山祐一本部長代理(県議選予定候補)、安部泰男事務局長(県議、県議選予定候補)が同席した。

JR常磐線は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の影響で不通となった区間が順次再開しており、残りは浪江―富岡間の20.8キロのみ。両協議会は、「福島県浜通り地方で、復興を加速化させるための重要な幹線だ」として、一日も早い全線再開を訴えた。

また、浜通り地方に先端産業を集積する「福島イノベーション・コースト構想」に関係する研究者や来訪者に対応するため、直通で浜通り地方と東京を結ぶ特急列車の運行も求めた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア