公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p32295

ニュース

2019年6月11日

参院選予定候補、各地で力説

介護従事者らと懇談 大阪で杉氏

介護・福祉に従事する若者と意見を交わす杉氏(奥中央)ら=9日 関西公明会館

公明党の杉ひさたけ参院議員(参院選予定候補=大阪選挙区)は9日、大阪市西区の関西公明会館で開催された党大阪府本部青年局(局長=藤村昌隆府議)の職業別懇談会に出席し、介護・福祉に従事する若者と活発に意見を交わした。

席上、ケアマネジャー(介護支援専門員)の男性は、1人当たりで受け持つ人数が40件超と過度な負担が常態化している実情を述べ、現場の実態に即した処遇改善などを求めた。地域包括支援センターで働く男性からは「共生社会の構築へ地域の課題を吸い上げても、行政が縦割りで前に進まない」との意見が寄せられた。

杉氏は「誇りを持って働く皆さんが報われるよう、全力を尽くす」と話した。

小さな声 届ける 愛媛で山本氏

党愛媛県本部の女性フォーラムで参院選の勝利を訴える(左から)石田、山本両氏と竹谷さん=9日 愛媛・砥部町

公明党の山本ひろし参院議員(参院選予定候補=比例区)は9日、愛媛県砥部町内で開かれた党愛媛県本部女性局(局長=清水尚美・松山市議)主催のフォーラムに、石田祝稔政務調査会長、竹谷とし子女性局長(参院議員)らと共に参加した。

石田氏は、「不安定な国際情勢の中で、日本が安定しているのは、政治、政権が安定しているからだ。その試金石となるのが今回の参院選である」と訴え、公明党への支援を呼びかけた。

竹谷さんは、食品ロス削減や教育費の負担軽減、子育て支援策などの実績を紹介。「命を守る女性の感性、生活者の視点を生かして政策を実現してきたのが公明党だ」と強調した。

山本氏は、「社会的に弱い立場の人、制度のはざまで苦しむ人の小さな声を政治に届け続けたい」と決意を述べた。

食品ロス削減に全力 佐賀でかわの氏

かわの氏(右)への絶大なる支援を訴える秋野氏=9日 佐賀市

公明党のかわの義博参院議員(参院選予定候補=比例区、党佐賀県本部顧問)は9日、佐賀市内で開催された「励ます会」に出席した。秋野公造参院議員、自民党の山下雄平参院議員が参加した。

秋野氏は席上、国際情勢が不安定だからこそ、自公両党による安定した政権運営がますます重要になってくると力説。「激動する時代の中で地方に光を当て、日本の政治を担っていけるのは自公政権しかいない」と訴えた。

かわの氏は、先月24日に食品ロス削減推進法が成立したことに触れ、「今後も食品ロスの削減に全力を注ぎ、国民のための政治を進めていく」と決意を述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア