公明党トップ / ニュース / p322518

ニュース

2023年10月18日

コロナワクチンの途上国への供給 公明の貢献に謝意

COVAX支援などで
国際組織、議員に盾を贈呈

Gaviから感謝を表す盾が贈られた古屋(中央左)、谷合(同右)の両氏=17日 参院議員会館

国際組織が公明議員を表彰――。高・中所得国の拠出金などで新型コロナウイルスワクチンを共同購入して途上国にも供給する国際枠組み「COVAXファシリティー」を主導する国際組織「Gaviワクチンアライアンス」は17日、参院議員会館で、公明党の古屋範子副代表と谷合正明参院幹事長に対し、GaviやCOVAXへの支援をたたえ、感謝を表す盾を贈った。盾は、秋野公造参院議員にも贈られた。

外務省によると、日本は世界の各国に対し、COVAXを通じて約1938万回分のワクチンを供与している(今年7月1日現在)。公明党は、日本のCOVAXへの早期参加を政府に提言。日本は他の先進国に先駆けて参加を表明し、世界でも最初に資金を拠出した。

Gaviの北島千佳上級資金調達官は「公明党には大変お世話になりました」と謝意を表明した。古屋副代表は「Gaviにワクチン供給の基盤があったからこそ、必要な人に届けられた」と強調。コロナ禍で重要性が増した保健分野の国際貢献へ、党としても引き続き取り組むと述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア