公明党トップ / ニュース / p31107

ニュース

2019年5月30日

公明に小さな声 聴く力

高橋氏が兵庫の時局で強調

高橋氏(右)の必勝を訴える中野氏=29日 兵庫・伊丹市

公明党の高橋みつお国際局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区、自民党推薦)は29日、中野洋昌衆院議員と兵庫県伊丹市で開催された時局講演会に出席し、必勝の決意を表明した。

高橋氏は「公明党には小さな声を聴く力がある」と強調。自らが就職氷河期世代の一人として苦労したことに触れ、非正規雇用の賃金アップで同一労働同一賃金の推進、若者の所得に応じた奨学金返済制度の実現などの政策を挙げ、「真面目に働く人が報われる社会を築く」と訴えた。

中野氏は、給付型奨学金の拡充や幼児教育無償化などの実績を紹介し、公明党の政策実現力を強調。「兵庫で生まれ育ち、海外でも活躍してきた高橋さんに兵庫の未来を開く先頭に立ってもらいたい」と力説した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア