公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p30760

ニュース

2019年5月27日

コラム「北斗七星」

地域の会合でよく会う女性がその日は美しく化粧していた。「きょうはきれいですね!」と北斗子。「ばっちり塗装してきました!」と笑顔で返してくれたが、「きょうは」は余計。言うなら「きょうも」だ◆家で食事を用意してくれた人への言葉は「ありがとう」がいい。が、体重を気にする北斗子は「量が多い」といらぬことを言う。そのひと言こそ多いのに。杉山美奈子著『美人の話し方 そのひとことであなたは愛される』(PHP研究所)に「口に出す前に『このことばでいいかな?』と二秒考えて、話す習慣を身につけませんか?」とあった◆あってうれしいひと言もある。本紙配達中に回る一軒は中華料理店。新聞を手渡したことが一度あった。「ご苦労様です」と言われた。それだけでありがたいのに、さらに「いつもありがとうございます」と来た。忘れないひと言だ◆ひと言に傷つき、ひと言で元気になる。言葉の力は大きい。感謝や思いやりのひと言を発したい。「ありがとう」を口癖にしたい◆言い方も大切だ。相手の目を見て会話するアイコンタクトをすると良い。前掲書に「“アイコンタクト”は“愛コンタクト”かもしれません。相手に愛情を伝えることだから」とある。忙しくても目を見て会話しよう。そのとき互いの気持ちが通う。(直)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア