公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p29933

ニュース

2019年5月20日

にぎやかに“すずめ”舞う

杜の都で4600人が躍動 
仙台青葉まつり

杜の都の初夏を彩る「仙台・青葉まつり」が18、19の両日、仙台市中心部で開かれ、多くの市民や観光客でにぎわった。

今年は、過去最多の452団体1万3700人が参加。このうち「仙台すずめ踊り」には、152団体、4600人が色とりどりの法被をまとって乱舞した。笛に太鼓、かねによる軽快なお囃子に合わせて、踊り手たちが鮮やかな色の扇子を振りながら躍動感あふれる舞を披露し、沿道の観衆を魅了した。

台湾から訪れ、今回初めて見物した女性は「踊りも衣装もきれいで感動した。また見に来たい」と笑みを浮かべていた。

18日夜には、3基の仙台宵山鉾(復興祈願山鉾)が登場。東日本大震災の復興と犠牲者の鎮魂を願って巡行した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア