公明党トップ / ニュース / p299070

ニュース

2023年6月14日

LGBT法案、衆院通過

政府、理解増進へ行動計画 
自公維国の修正案

LGBTなど性的少数者への理解増進法案(議員立法)が13日の衆院本会議で、自民、公明の与党両党と日本維新の会、国民民主党などの賛成多数で可決、衆院を通過した。参院の審議を経て今国会で成立する見通し。

法案は性的少数者への理解を広げるため、政府に行動計画の策定を義務付けることが柱。当初の与党案の「性同一性」という表現を「性自認」「性同一性」の共通英訳「ジェンダーアイデンティティ」に修正した上で、基本理念に性的指向、ジェンダーアイデンティティを理由とする「不当な差別はあってはならない」と明記した。政府内に関係府省などで構成する「理解増進連絡会議」の設置なども盛り込んだ。

法案を巡っては、当初「与党案」「維新・国民案」と、超党派の議員連盟がまとめたものを踏襲した「立憲民主・共産・社民案」の3案があった。幅広い合意形成を図るため、自民、公明、維新、国民の与野党4党は9日、与党案を修正することで合意。同日の衆院内閣委員会で修正案が可決され、立憲などの案は否決された。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア