公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p29192

ニュース

2019年5月14日

参院選 選挙区予定候補 勝利へ訴える!

大阪選挙区 定数4 
杉ひさたけ 現 
ムダ削減し、改革を前へ

誰もが安心して暮らせる社会の実現――。そのために必要な財源の確保は政治家に与えられた責任です。私は公認会計士として培った経験を生かし、これまでの1期6年間、税金のムダ遣いを徹底的に省き、必要な分野に予算を回すために不可欠な財政の「見える化」に取り組んできました。

国の予算の使い道を点検する「行政事業レビュー」を改善し、計画・実行・評価・改善のPDCAサイクルを徹底。3年連続で1000億円のムダが削減されました。この他、地方自治体の新たな公会計制度の導入も進め、自治体の経営基盤の強化やインフラの老朽化対策にもつながると期待されています。

消費税の軽減税率導入に向けた議論では、難色を示す財務当局を説得するための説明資料を作り、対象品目の線引きなど制度設計に力を尽くしました。一方、事業者の負担を軽くするため、納税事務の簡素化や複数税率対応レジの導入に対する補助金創設も実現。10月からの円滑実施へ引き続き全力を挙げます。

また、今国会では、携帯電話の通信料金引き下げを促す改正法が成立。大阪の青年党員の皆さんと共に取り組んだ政策アンケート「VA(ボイス・アクション)」を追い風に、若者の声をカタチにすることができました。

今後、大阪ではG20サミットや万博などの国際的行事が相次ぎます。大阪の魅力を世界に発信し、人と地域が輝く希望あふれる大阪を築くために、“伝統の一議席”を断じて守り抜く決意です。

【略歴】

党青年委員会副委員長。元財務大臣政務官。公認会計士(日本・米国)、税理士。参院議員1期。創価大学卒。43歳。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア