公明党トップ / ニュース / p277673

ニュース

2023年1月25日

飼料高騰で追加策指示

物価対策本部で岸田首相 
公明の提言が反映

岸田文雄首相は24日、首相官邸で開いた「物価・賃金・生活総合対策本部」で「世界的な物価高騰は依然として予断を許さない状況だ」と指摘し、関係閣僚に万全の対策を進めるよう求めた。また、配合飼料価格の高騰が畜産業の経営を圧迫している現状を踏まえ、野村哲郎農林水産相に対し、昨年10~12月期の緊急対策を継続し、今年1~3月期も配合飼料コストを抑制するための追加策の実施を指示した。公明党の提言が反映された。

会合では、関係閣僚が総合経済対策に盛り込んだ出産・子育て応援交付金による伴走型相談支援と経済的支援などの進捗状況を説明。自治体を通じて実施するほぼ全ての事業の手続きが、今年度内に始まることなどが報告された。

公明党はこれまで、飼料価格高騰対策の実施を政府に要望。これを受け、政府は配合飼料の価格上昇による生産者の損失を補塡する配合飼料価格安定制度の「異常補塡基金」積み増しなどを行ってきた。今月23日には、農水相に対し、今年1~3月期も配合飼料価格高騰や補塡金減少により生産者の負担増が想定されることから、影響緩和のための緊急的措置を講じるよう求めていた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア