公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p27640

ニュース

2019年4月24日

「ひきこもり」施策 前に

党合同会議 家族会から要望受ける

家族会から要望書を受け取った党合同会議=23日 参院議員会館

公明党厚生労働部会(部会長=高木美智代衆院議員)、障がい者福祉委員会(委員長=山本博司参院議員)などは23日、参院議員会館で合同会議を開き、NPO法人「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」の伊藤正俊共同代表から、ひきこもりの当事者や家族に対する支援施策の強化に関して要望を受けた。

伊藤氏は、ひきこもりが長期化し、当事者や家族が将来に不安を抱えて生活している現状を踏まえ、「本人や家族の心情に寄り添える相談員を養成するとともに、年齢や障がいの有無で支援対象を区切らず柔軟に対応できる制度を作るべきだ」と述べた。

山本委員長は、「家族会の声をしっかり受け止めて支援を強化していきたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア