公明党トップ / ニュース / p275864

ニュース

2023年1月11日

賃上げの流れ中小にも

統一選勝利し期待に応える 
千葉の集いで石井幹事長

党千葉県本部の新春の集いであいさつする石井幹事長=10日 千葉市

公明党の石井啓一幹事長は10日、千葉市で開かれた党千葉県本部(代表=平木大作参院議員)の新春の集いに出席し「今年は平和を回復し、物価高やコロナ禍を克服する一年にしたい」と強調するとともに、4月の統一地方選の全員当選へ全力を挙げる決意を述べた。

石井幹事長は、物価高対策として、2022年度第2次補正予算に盛り込まれたガソリン・灯油や電気・都市ガス代の負担軽減策を着実に実行していくと力説。さらに、「本格的な物価高騰対策には、物価上昇率を上回る賃金の引き上げが重要だ」と述べ、中でも中小企業の賃上げへ、適正な価格転嫁の促進や脱炭素化・デジタル化に向けた技術革新、人への投資を進めていくと訴えた。

その上で、公明党が果たすべき役割について「現場で声を受け止め、国と地方で役割分担しながら、地域の課題を解決していくことだ」と強調。統一地方選の公明勝利で「党の基盤をしっかり築き、皆さまの期待に応えていく」と語った。

平木県代表は「統一地方選を必ず勝ち抜き、千葉県から明るい日本をつくる」と力説。千葉県議選で千葉市花見川区に挑む田村こうさく県議が「一致結束して闘い抜く」と抱負を述べた。

会合では、来賓として熊谷俊人県知事、自民党県連会長の浜田靖一衆院議員らがあいさつした。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア