公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p27134

ニュース

2019年4月18日

他党にない連携の力

東京・文京で山口代表

公明候補の勝利へ、執念の押し上げを訴える山口代表=17日 東京・文京区

公明党の山口那津男代表は17日夕、東京都文京区議選(定数34)で激戦を繰り広げる公明現職の岡崎よしあき、松丸まさし、田中かすみ、新人の宮本伸一の4候補の応援に入り、「大きな政策をぐいぐい進める党のネットワークの力を強めるために、何としても公明候補を区政に送り出してほしい」と訴えた。

山口代表は、公明党の持ち味について、「地方議員と国会議員が連携プレーで政策を実現することだ」と強調。「国政で責任を担ったことのない政党や、地方議員が少なく厚みのない政党では総合力を発揮することはできない」と述べ、党の連携プレーで私立高校授業料の実質無償化などを実現してきたと語った。

また、党として乳児用液体ミルクの普及を進める中、文京区では公明党区議団の推進で、全国に先駆けて避難所の備蓄品に乳児用液体ミルクを追加する道を開いたと力説した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア