公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p26997

ニュース

2019年4月16日

就職へ個別相談が重要

サポステで党プロジェクトチームなど 「氷河期世代」の課題聞く

公明党生活支援プロジェクトチームの山本かなえ座長(参院議員、参院選予定候補=比例区)と党「就職氷河期世代」支援検討委員会の中野洋昌委員長(衆院議員)、宮崎勝副委員長(参院議員)は15日、東京都立川市の、たちかわ若者サポートステーション(サポステ)を訪れ、同世代の無業者への支援について聞いた。

運営する認定NPO法人「育て上げネット」の工藤啓理事長らは、無業者の就職・自立に向けて、個別相談を通して、一人一人をきめ細かくサポートする重要性を強調。就職先探しで難航するケースが多いものの、「長くそこで働き続けられるよう、本人の希望をしっかり把握しながら、粘り強く支援することが大事だ」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア