公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p26991

ニュース

2019年4月16日

障がい者の職場定着探る

都内で党対策本部 カウンセラー活用例視察

障がい者の職業訓練に当たるカウンセラーから説明を受ける桝屋(中)、山本の両氏=15日 東京・台東区

公明党の「行政機関等における障がい者雇用対策本部」(本部長=桝屋敬悟衆院議員)は15日、中央省庁などに採用された障がい者の職場定着に向けた支援のあり方を探ろうと、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の東京障害者職業センター(東京都台東区)を視察した。桝屋本部長、山本ひろし事務局長(参院議員、参院選予定候補=比例区)が参加した。

桝屋本部長らは、企業への就職をめざす障がい者が、カウンセラーの助言を受けながら物品仕分けの訓練を受ける様子などを見学。カウンセラーは「本人が自覚していない苦手な点を、どうフォローしていくかが大事だ」と説明した。

桝屋本部長は、中央省庁に採用された障がい者の定着支援として、カウンセラーの活用を検討していく考えを示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア