公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p26978

ニュース

2019年4月16日

道路整備に伴う交通環境で要望

東京・調布市

公明党の中島義雄・東京都議はこのほど、調布市内で都第二市街地整備事務所の安東季之所長宛てに交通環境の整備などについての要望書を提出した。市議会公明党の小林いちゆき幹事長(市議選候補)が同席した。

中島都議は、同事務所が整備を進めている調布都市計画道路3.4・7号喜多見国領線について、道路の整備によって周辺の信号機の撤去が検討されていることに言及。道路周辺が、小学校の通学路になっていることなどから「児童や高齢者に配慮した丁寧な調整を」と求めた。

応対した下鳥英雄副所長は「要望に沿えるよう対応していく」と答えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア