公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p26882

ニュース

2019年4月14日

激戦突破へ一致結束

一般市・東京区議選きょう告示 町村議選は16日(火)告示
21日(日)投票
公明1222候補、全員当選断じて
斉藤鉄夫幹事長が訴え

統一地方選の後半戦として、一般市議選と東京特別区議選(台東、足立、葛飾の3区を除く)が、きょう14日(日)告示されます。16日(火)には町村議選が告示され、ともに21日(日)投票となります。公明党からは1222人が挑みます。斉藤鉄夫幹事長に激戦突破の決意を聞きました。

■身近な地域の未来を託せるのは公明党!

――後半戦をどう戦いますか。

斉藤鉄夫幹事長 まず、前半戦の道府県議選・政令市議選について、党員、支持者、創価学会の皆さまの献身的なご支援に、改めて心より感謝と御礼を申し上げます。

公明候補340人(推薦1人を含む)のうち、19人の無投票当選を含む338人が当選を果たすことができました。政令市議選で2人が惜しくも議席を逃したものの、全体としては劣勢をハネ返し大勝利を収めることができました。全国を回り、多くの有権者の方々と触れ合う中、公明党地方議員に対する期待を強く感じました。

後半戦は、より住民に身近な地域の代表を選ぶ選挙です。公明党は、286の一般市議選に901人、20の東京特別区議選に150人、142町村議選に171人の計1222人を擁立します。「地域の未来を託せるのは公明党!」と、最後の最後まで訴え抜き、全員当選を断じて勝ち取っていきます。

■(小さな声を聴く力、ネットワークの力)他党とは一線画す政策実現力に厚い信頼の声

――地方議員がますます重要になっています。

斉藤 その通りです。だからこそ、力のある公明党地方議員を選んでいただきたい。

地方分権が進み、自治体の裁量が広がっています。例えば、自由度の高い交付金が創設され、地方議員が地域の実情に応じて事業の優先度を決める機会が増えています。

また、日本が直面する最大の課題は少子高齢化・人口減少です。地域の活力を維持していくには全世代型社会保障の構築や地方創生を力強く進めていく必要があります。かじ取り役を担うのが地方議員です。

加えて公明党は、防災・減災・復興を社会の主流に押し上げることを、統一選重点政策の柱に据えました。命を守る政治の実現へ、地方議員も先頭に立って取り組む決意です。

――地域に公明党がいれば、安心です。

斉藤 公明党なら自分たちの地域が抱える課題を解決してくれる――そういう公明党の政策実現力への信頼の声が数多く寄せられています。

公明党地方議員は、どの党よりも現場に足を運び、住民の不安や悩みの声に耳を傾けてきました。問題解決に当たっては国会議員、あるいは他地域の地方議員とのネットワークをフルに生かしてきました。

こうした「小さな声を聴く力」と「ネットワークの力」があるからこそ、他党とは一線を画す実現力を発揮できるのです。

――公明党のネットワークは地域を支えています。

斉藤 公明党の強みは団結です。だから最前線の声が国政にもスピーディーに届き、反映させることができます。

そうしたことから、私自身、地方議員を介し、その地域の首長から要望を受けることも少なくありません。場合によっては、その後、一緒に大臣を訪ね、掛け合うこともあります。

つまり、公明党地方議員が党内だけでなく、地方と国という行政そのものをつなぐ“パイプ役”も果たしています。地域発展に欠かせない存在となっているのです。

■「大衆とともに」の立党精神みなぎらせて働く

――最後に決意を。

斉藤 公明党は今年11月で結党55周年を迎えます。この大事な節目を控え、絶対に勝たなければならない政治決戦です。

前半戦で涙をのんだ選挙区は、それぞれ4票差と6票差でした。「1票の重み」を改めて示す教訓となりました。

後半戦は短期決戦です。身近な地域を舞台に票の奪い合いが激しさを増すのは間違いありません。前半戦以上に僅差で当落が決しますが、一致結束して、何としても1222人全員の当選を果たしてまいります。

公明党議員は「大衆とともに」の立党精神を全身にみなぎらせ、どの党よりも地域のために働きます。

私自身も死力を尽くして戦いますので、絶大なるご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア